トップページ − 第1段階4時間目 AT教習
第1段階 4時間目
教習所に通いだして初めての雨。そして冬を思わせる寒さ。雨合羽はもちろんですが、長袖のシャツにジャンバー、そして冬用のズボンと防寒対策を万全にして教習所へ向かいました。今日は寒いです。

SKYWAVE650本日はビッグスクーターの体験ということでCB750Fはおあずけです。残念ですが、これも教習に組み込まれているので通らざるを得ません。

教習車はSUZUKI SKYWAVE650です。水冷2気筒650ccのビッグスクーターです。重さは乾燥重量が277kgなのでガソリンやエンジンガードで300kgは超えていると思われます。CB750Fよりも確実に重いです。

待ち時間
二輪受付で雨合羽の上からプロテクターを装着して待機します。今日は雨のせいか教習生は私を含めて3人。私以外は女性です。しかも2人とも今日が初日。

小型免許を取得しにきた女性は看護学生。毎日片道40kmを原付バイクで通っているそうです。さすがにキツイので小型バイクの免許を取りにきたと言ってました。
「中型にしておけば良かったのに…」と言ったら、400ccのバイクを起こせなかったので小型にしたそうです。

2人とも車の免許は持っていないため学科も受けなければなりません。今日も2時間バイクにのって2時間学科を受けるそうです。大変ですね。

外周走行
SKYWAVE650をバックで車庫から出します。重い重い…
すぐにスタートせずに教官から説明があります。

FI(インジェクター)なのでエンジン始動は赤ランプが消えてから、とか停止時はブレーキを握ってないと走ってしまいます、とかの基本的なこと。
そして転倒したら必ずバイクから飛び降りて下さいと… ステップボードと地面に足を挟まれて骨折する危険があるそうです。

そして外周走行。オートマですから楽ちんです。雨降ってなかったら気持ちいいんだろうな、とか考えながら走ってました。

一本橋とスラローム
AT車体験ということで出来なくても良いですよ、ってことで一本橋とスラロームに挑戦です!

まずは一本橋…
橋に乗れないのは私だけでしょうか(汗)
だって前輪がどこにあるのかさっぱりわからないんですよ。一本橋に向かってまっすぐ止めてゆっくりスタートするんですが、とにかく乗れない…
橋に乗る直前で視界から一本橋の端っこが消えてしまいます。あれっ、と思った時には落ちてるんです。

橋に乗ったら乗ったでふらつきます。ニーグリップできないとこんなに不安定なんですね。大型AT免許ってMTより難しいんじゃないでしょうか?

そしてスラローム走行です。これは無難にこなしましたが、タイムは7秒4。
アクセルを開けるとしっかり加速するので慣れれば6秒台は確実に出せそうです。慣れてきたかな?と思った頃に終わってしまったのが残念です。

スラロームではパイロンを倒してしまう人が多いそうなんです。SKYWAVE650はお尻が大きいし、さらにエンジンガードが付いてますからね。でも私は大丈夫。スラローム走行の特訓の成果が出たようです。

ここで教官が乗っていた400ccのスクーターにチェンジして一本橋とスラロームを体験します。車体はぐんと軽く小さくなったので一本橋は楽になりましたが、スラロームでアクセルを開けた時に加速しません。パワーの差を実感しました。

クランクとS字、そして坂道発進
クランクとS字はやってみますか?と質問されました。
せっかくなのでチャレンジしてみます!と…

危ないのでまずは自動車用のコースから入ってみましょう、ということで教官の後について自動車用のコースに2回入りました。さすがに広い! ここは楽に通過しました。

そして二輪用のコースです。転倒したら絶対にバイクから飛び降りて下さい、と念を押されます。
S字はなんとか通過できますがクランクは難しいですね。あらためて車体の大きさを実感してしまいました。
2度目のクランクで目測を誤り後輪がパイロン接触。ハンドル周りが大きくて前下方の感覚がわからない。前輪がどこを通っているかがわかりません。

坂道発進は…
オートマですからね。アクセル開ければ走り出します。

その他
ビッグスクーターに乗って感じたことは、とにかく普通に走る分にはクラッチが無いので気楽に走行できます。SKYWAVE650はパワーもあり、しっかり加速します。
しかし課題教習に関しては車体感覚をつかまないと難しいでしょう。まったく見えない前輪と、思ってた以上に大きいお尻。CB750Fよりも確実に大きい車体は取り回しも大変です。

大型免許を取得してビッグスクーターに乗ることは無いと思うので、良い経験になりました。そして日本の道路事情だと400cc以上のビッグスクーターは走りづらいのではないかとも感じました。

 3時間目 4時間目 5時間目