トップページ − 第1段階5時間目 みきわめ
第1段階 5時間目 みきわめ
昨日の雨がウソのような気持ちよい快晴! バイク乗りには心地よい爽やかな風が吹いてます。今日も頑張ってナナハン乗りましょう!

CB750F教習所へ着くと「検定」バイクが走ってます。今日は卒業検定がある日なんですね。2コースを使っているようです。ちょっと早く着いてしまったので2階の見晴らしの良い場所から検定の走りをチェックしてました。

さすがに検定バイクは、第2段階のみきわめをもらってるだけあって走りに安定感があります。後で聞いたら中免は持ってないので31時間の教習を受けたそうです。
私の場合は中免保持者なので12時間教習です。シミュレーションが1時間あるのでナナハンに乗れる残りは6時間しかありません。多少はオーバーしたとしても残り時間が少ないことに変わりないですね。それだけの時間で果たしてどこまで乗りこなすことができるのか…

写真は今日お世話になったCB750Fの1号車。乗り辛かったんですよ…

待ち時間
配車を済ませ二輪受付でプロテクターを装着して待機してると、さきほど検定で走った人が帰ってきました。「お疲れ様でした!」の声をかけ話をします。
「緊張でひざがガクガクしてますよっ」って、おいしそうに缶ジュースを飲んでます。ほっとしたんでしょうね。
一本橋も無難に渡りスラロームもOK。私がチェックした限りでは安全確認も完璧。その事を話したら、「そう言ってもらえるとうれしい」と笑ってました。

彼からのアドバイスは、教習中の一本橋の1回目を本番の卒検だと思って絶対に落ちないようにしておいた方が良いと言ってました。確かにその通りだなと思い、今日からそう心がけることにしました。プレッシャーに弱いんです、私(汗)

外周走行
今日のCB750Fの1号車、何か変?
走り出した途端に違和感を感じました。いきなりエンストしそうになってるし… 外周回ってる間も何か走りづらいのです。

外周を2週周ったのですが、違和感の原因をつかめないまま一本橋へ入ります。これが検定バイクだったら最悪だな、とか思いながら外周走行を終えました。

一本橋とスラローム
さて問題の一本橋です。教習中の初回を検定だと思って慎重に走り出します。
そして落ちずに完走。タイムは10秒(笑)
今日は左手がバカになるほど一本橋を渡ります。20回はやったでしょうか。そして落ちたのは3回程度。タイムはおおむね10秒〜12秒です。
進入速度が速いと9秒台が出てしまいますが、それも数回。コツはつかんだ感じです。これも練習の成果です! 後半の左手はほとんどバカになってたので、スラロームへ行くほんのちょっとの間だけ左手を放してぶらぶらさせてました。もうクラッチ握る握力も限界にきてましたよ…

そして練習でほぼマスターしたと思っていたスラロームに苦戦します。この時にこのCB750Fの1号車のアクセルのアソビが大きいことに気付きました。練習したタイミングでアクセルをブォンとやっても反応無し。そしてタイミングが遅れてブォンとなります。
ほんとにコンマ何秒かの遅れなんでしょうが、自分がアクセルを開けた時にブォンとならないと走りづらいものです。アクセル無しの惰性でパイロンを回ってしまったり、勢いがつきすぎてパイロンと接触してしまったり… 散々です。

今日は第一段階のみきわめだっていうのに…

5つのパイロンを周るのにアクセルを2回くらい間引いても6秒台後半で走れてるので良いのでしょうが、やはり気持ちよくアクセルを使いたかったですね。

S字とクランク
アクセルのアソビが大きいことに気付いたので、それに対応するようにアクセルを開け気味でS字コースとクランクに入ります。
ライン取りを一番に気にしなければいけない場面でアクセルワークを気にしてるので上手に走れません。
S字はぎくしゃくしながらも通り抜けましたが、クランクで1度パイロンと衝突しました。アクセルにアソビがあるから半クラッチに苦労してたら、後輪でパイロンをひっかけてしまいました。

さらにこの頃には、先ほどの一本橋で握力が限界です。そのため半クラッチもかなりラフになってました。

信号が赤になって停止した時にクラッチ握ってるのがツライくらいなので、左手の疲労はピークだったと思います。青でそのまま通過できるとホッとしてましたから(笑)

坂道発進
もう左手が限界だっていうのに、今度は坂道発進やるぞって…
しかも坂の途中で止まり、坂1回で3回の坂道発進をやらされました。坂道発進自体は問題無くクリアできるのですが、もう一回やるぞ、と言われた時には、さすがに勘弁してくれ!と心の中で叫んでました(汗)

さらには、少し時間があるので一本橋やっておこうと言われ再び一本橋へ…
この頃には左手の握力はほぼ無くなってました。

その他
2速で進入したスラロームですが、途中でシフトペダルを踏んでしまいギアがニュートラルになってしまうアクシデントがありました。これは今後注意しておかないといけないですね。

そして膝あてですが、膝の中心よりも気持ちだけ外側に向けて装着しておかないとニーグリップの時に膝あてを挟み込んでしまいます。これって案外気になるんで次回からは装着時に注意したいと思います。

とりあえず第一段階のみきわめはもらいました。無難に走れたってことでしょうか? まぁブランクがあると言っても中免持ってるわけだし、自主トレもしてるんで順当なところでしょう。
次回からは第2段階へと進みます。検定コースを覚えてきて下さい、と言われたのですが、これが案外苦手だったりします(笑)

  課題と反省

 4時間目 5時間目 第2段階 1時間目