トップページ − 第2段階2時間目の反省と次回までの課題
第2段階 2時間目 反省点
大型自動二輪教習も第2段階の2時間目。今日も検定コースの2コースメインで走行します。

反省点
@白線を踏んでしまい、一発検定失格と注意される。
Aスラロームで危ない時があった。
Bコース間違い。

次回までの課題
@白線を踏んではいけないということを知らなかったので仕方のないことです。踏まないように走行すれば良いだけなので問題は無いでしょう。

A得意のスラロームも時々パイロンを回りきれなくなりそうな時があります。まだまだ安定感が無いようです。もっともっと練習が必要です。

Bこれは…
卒検用のコースは2つ。どちらのコースを使うかは当日の朝に発表されます。コースをしっかりと把握していないと、進路変更や右左折のウインカーを出すタイミングが遅れます。
今日だってちゃんとコースは覚えていたのです。白紙のコース図の上では間違いなくコースを辿ることができます。だけどバイクを走らせてしまうと操作に一生懸命になってしまい、頭の中のコース図が消えてしまいます。検定では教官は先導してくれません。何が何でも覚えなければなりません。

その他
2段階の2時間目が終了してしまいました。ストレートで教習が進めば、ナナハンに乗れるのはあと4回。(シミュレーターが1時間あるので)

検定用の2コースを走れるのは今日で最後だったのです。ウインカーの出す位置、進路変更を始める位置を忘れないうちにメモしておきます。