トップページ − 教習所のコース図を作る
コース図の作成の目的
コース図を作成して作戦を練る自動車教習所のコースを覚えることは大切なことです。卒業検定の際には検定コースを覚える必要がありますが、普段の教習でコースを把握しておきましょう。

ウインカーを出す位置や車線変更の目安、さらにはギアチェンジのタイミングや安全確認の位置などを、少ない教習時間の中で身体で覚えます。こうすることにより、先を予測した走行が可能となります。
教習所のコースは初めての道を走るのとはわけが違い、毎回同じコースをぐるぐる周っているのです。覚えてしまうということは法規走行をマスターしていることになります。

さらにメリットは大きく、コースを把握していると無駄な神経を使うことなく走行できます。クランクやS字などの課題走行に神経を集中できます。
そして家に帰ってからのイメージトレーニングを行うことも可能となります。

実際のコース図作成作業
教習所によってはあらかじめ印刷されたコース図が用意されているところもあるようです。しかし私の通っている教習所にはそのようなサービスはありません。(実はあったのですが…) インターネットのホームページにもコース図はないのです。(二輪待合室に検定コース図が貼ってありました)

そこで教習所のコースを可能な限り携帯のカメラで写真撮影を行いました。帰宅後にパソコンで拡大しながら作成したコース図がこちらです。

バイク教習以外の不要な場所。4輪の車庫入れやクランク等は記入していません。もちろん記入した方が良いことは言うまでもありませんが…。
数字はギア。そして教わったウインカーの出す位置を記入してあります。教習が進むにつれコメントをどんどん書き込んでいきます。

そして、写真と走った記憶でコース図を作成しているうちにコース全体を頭の中で描けるようになるから不思議です。是非お試し下さい。

なお、私はホームページで公開するためにCADで作成しましたが、手書きのコース図で充分です。

卒業検定用に実際に作成したコース図はこちらになります。