トップページ − クランク、S字対策、攻略法
クランク、S字攻略法
クランクのコツ、攻略法大型自動二輪(ナナハン)でクランクでつまずく人は少ないと思いますが、中には苦手意識を持ってしまっている人もいるようです。
クランクは進入手前で十分に速度を落とし、ギアは1速で半クラッチを多用して走りぬけます。

クランクでの失敗の多くは、急激なクラッチ操作でバイクが飛び出しパイロンと衝突。またはエンストしてバランスを崩して足を着く。この2点ではないでしょうか?

クランク対策としてまずやらなければならないことは、1速でとろとろ走る練習です。一本橋にも通じるところがありますね。

S字については…
2速のアクセルワークとリアブレーキだけですから、とりたてて攻略法は無いと思います。目線を上げてとろとろ走ればいいんです。S字はタイムは関係ないので、無理にバンクさせることはありません。円の外、外を回るようにすれば縁石に乗り上げることはないでしょう。S字コースは意外に広いです。

クランクコース対策
下図の場合、始めに右に曲がらなければなりません。バイクにもフロントとリアで内輪差があります。リアタイヤはフロントタイヤよりも内側を通ることを覚えておいて下さい。
だから右に曲がる前には左に寄せ、左に曲がる前には右に寄せておきます。道幅の中心よりも左を走る(右を走る)程度で十分に曲がれます。無理にバイクを傾けたりしないで普通にゆっくりと曲がりましょう。スピードの出過ぎはリアブレーキで調節します。フロントブレーキは使いません。

クランクに進入した直後はパイロンが置いてないので2Mの道幅が有効に使えます。ここで位置取りを決め、走行ラインを頭の中に描いておきましょう。

私のクランク攻略法
上図の緑※印の位置。ハンドルを切るタイミングを覚えることがクランク攻略の近道です。自動車の場合は前方に見える縁石が視界から消えたらハンドルを切れと教わります。ナナハンでもこれと同じことをやってみます。
右の写真は教習所のナナハンではないですが、このバイクをCB750Fだと思って下さい。そして前方の壁がパイロンです。
縦に小さく白い棒が確認できますか? 実は30cmの定規が置いてあるのです。目線からの撮影では定規およそ2つ分。つまり60cmのところが私が曲がりきれる位置です。
写真ではかなり壁に近づいてるように感じますが、この写真のバイクのフロントタイヤは壁から1.5Mのところにあります。

私の場合、これ以上近づいてしまうと曲がりきれずに前輪がパイロンと接触します。あまり手前から曲がってしまうとリアタイヤや後ろのエンジンガードがパイロンに接触してしまいます。

上で壁から1.5Mのフロントタイヤがあると書きましたが、実は1.5Mってパイロンが置かれたクランクコースの幅と一緒です。つまり右へ曲がる時にはフロントタイヤが右側の縁石過ぎたらハンドルを切り、次に左へ曲がる時にはフロントタイヤが左側の縁石過ぎたらハンドルを切ります。
一旦ラインを覚えてしまうと、そこそこの速度で通過できるようになります。低速走行でのエンストやふらつきに悩むことがなくなるので安全です。

クランクはハンドル操作で曲がるのですが、ニーグリップをしっかり行い、曲がる時は半クラッチで駆動をリアタイヤに伝えておけばふらつきはありません。スピードが出すぎた時にはリアブレーキをじんわり踏みます。この時フロントブレーキは絶対につかってはいけません。

万が一ふらついてしまったらアクセルを開けましょう! 体勢が落ち着いたら即フロントブレーキで減速します。

あくまで私のやり方ですが、私はクランクに入ってからはクラッチを切りません。半クラッチと1速トコトコ走法でラインだけ注意しながら抜けてしまいます。ナナハンは止まらない限りエンストしませんから…

そしてクランクは出口での安全確認を忘れてはいけません。