トップページ − 日記メニュー − 2011年7月18日(日) ≪ 7/24 (7/18) 7/3 ≫
2011年7月18日(月) ハーレー試乗会
地元自動車教習所で行われたハーレー試乗会のレポートです。二輪免許はおろか原付免許も持たないヨメを連れてハーレーに試乗してきました。

土日と海の日が重なり、16、17,18日と3連休。そして月曜日は教習所の休校日なのですが、ハーレーの試乗会(HARLEY TRYDING)が開催されました。
ひさしぶりに教習コースに入ると、この教習所を卒業して1ヶ月ちょっとですが懐かしく感じます。お世話になった教官もハーレーのアシスタントとして働いています。暑いのに大変です。

今日のハーレー試乗会は、大型自動二輪免許を持っていれば文句無しに試乗できます。普通自動二輪免許でも簡単な講習を受ければハーレーに乗ることができます。

6種類だったか? ハーレーが置いてあり、乗りたいところに並びます。列が長いところでは20人くらい並んでいます。特にこだわりがあって試乗するわけではないので人数の少ないところに並びます。

ハーレー ファットボーイロー FLSTFBまずはファットボーイロー(FLSTFB)というハーレーに乗ります。
スペックを調べたら、排気量1584ccで重量は330kg。へぇ〜、そんなに重いバイクだったのですね。試乗した感じは230kgくらいのバイクだと思ってました。だってコレ400cc?と思ったくらいですから。シート高が620mmなので両足べったりです。
外周を2周走るのですが、ファットボーイローは振動が大きく感じました。この振動がハーレー好きにはたまらなく良いのだと思うのですが、フットペダルに乗せた足がしびれます。自分にはちょっと…

ハーレー VRSCAW次はVRSCAW。華奢に見えるけど1246ccで重量は300kg超え。コレもまたがってしまうと重さを感じません。シート高660mmで両足べったりです。
また、Vツインエンジンなので横幅がありません。ほっそりしているのも足つきが良いことにつながります。
先ほどのファットボーイローと比べると振動はかなり少ないのですが、両足を前に投げ出す感じで乗車します。これも慣れれば楽なのかもしれませんね。

ファットボーイローもVRSCAWも愛車CB1300よりも確実に重いバイクなのですが、試乗している時には400ccクラスのバイクに感じました。見た目も小さく見えます。Vツインエンジンだから横に太ってないんですよね。


動画はVRSCAWの試乗です。ファットボーイローの動画撮影は失敗してしまいました。このためにヨメを連れてきたのですが…

エンジンスタートからちょっと前進して後輪ブレーキで止まります。全員がOK出ればスタートです。バイク教習の教官を先頭に外周を2周。あまりスピードは出せませんが、ハーレーの音と振動を楽しむには十分です。

両方とも230万円ほどするバイクです。2度と乗ることはないでしょう(笑)
≪ 7/24 (7/18) 7/3 ≫