トップページ − 日記メニュー − 2011年10月13日(水) ≪ 10/23 (10/13) 10/9 ≫
2011年10月13日(水) アールズギア、ソニック 真円ドラッグブルー
中古で購入した98年登録のCB1300(SC40)。
アールズギア、ソニックマフラー何人のオーナーを渡り歩いたんだろう?
ワンオーナーじゃないことは確かなんですが…。
そんなCB1300SF(SC40)もめぐりめぐってひらにが所有しています。そしてこのCB1300には写真のようにマフラーを交換しています。

最初にこのバイクを見た時、このマフラーがとても印象的でした。虹色がキレイですよね。
購入してからは各部のサビ取りに一生懸命でマフラーのことは忘れていたのですが、ふと、マフラーの型番を知りたいという衝動にかられました。
実はアールズギアのワイバンマフラーかと思っていたのですが、違ってました(汗)

真円ドラッグブルーアールズギアには違いないのですが、値段の安いソニックでした。ワイバンはゴールドエンブレムでオールチタン、そしてソニックはシルバーエンブレム。ミドル/テールパイプ/サイレンサー内部構造パーツにステンレスを用いて値段を安くしてるんですね。

左写真のように取り付けてあるのはアールズギアのソニック。サイレンサーは真円ドラッグブルーです。値段は新品で15万円ほどするようです。ちなみにワイバンだと20万円ですね。

何人目のオーナーが取り付けたのかは不明。でも、もしこのCB1300がノーマルマフラーだったら、コイツに決めたかどうか? それだけこのサイレンサーの印象が強かったんです。



     
アマゾンで調べてみました。けっこうあるもんですね。価格も若干安いようです。

もっとも目立つサイレンサーの見た目は、ワイバンもソニックも同じです。約5万円の差があるから、私が選ぶとしてもソニックを選んでいたでしょう。エンブレムの色でどちらかはわかってしまいますけどね。
両者の性能差な無し。違いは重さだけだそうです。

ちなみにチタン部分にはシリコンワックスを塗布してはいけないそうです。ステンレス部分は耐熱性のシリコンワックスを塗布することによって、くすみ、黒ずみを防止できると書いてあります。

バイクで目立つ部分と言えば、タンクとサイレンサー。いつもピカピカでありたいものです。
≪ 10/23 (10/13) 10/9 ≫