トップページ − 日記メニュー − 2011年10月25日(火) ≪ 10/28 (10/25) 10/23 ≫
2011年10月25日(火) メンテナンススタンドを使う…その後大事件が!
メンテナンススタンドについていろいろ調べてみましたが、J−TRIP(別窓)というメーカーの「はじめてスタンド」が一番使い易いようです。
  J−TRIP はじめてスタンド
アマゾンで売ってます。値段も手ごろだし、何よりよく考えて作られています。
[UP時の動画] [DOWN時の動画]
これから購入する方はコレをお勧めします! 安物に手を出して、後からいろいろ買うことになるなら、「はじめてスタンド」が結局安い買い物になると思います。

さて、管理人ひらにはというと…
ヤフオクで購入したメンテナンススタンド。安いです。送料込みで3000円! が、安かったのは良いのですが、一人で持ち上げるにはCB1300SF(SC40)は重すぎました。誰かにあげてしまおうか…と思ってましたが、掲示板にて「鉄棒をホイールの真ん中に貫通させると一人でも持ち上がる!」と助言を頂き、さっそくやってみました。あでばよ〜るさん、ありがとうございます。

準備したものが下の写真です。
メンテナンススタンドの準備左から、
メンテナンススタンド
写真に写っているフック?は今回は使用しないので外します。
鉄棒
テント立てる時とかに土に挿して使うものですね。DIYセンターで399円でした。12φなのですが、先端のとがった部分の寸法が若干大きくて穴に通らなかったのでヤスリで削りました。CB1300にはぴったりのサイズです。
木っ端
サイドスタンドにかましてバイクをなるべく垂直にするために使います。慣れると必要ないです。
プラ製の万力
洗濯ばさみのお化けです。これはいらなかったですね。
ストッキングバンド
社会人サッカーチームに所属していた時に使っていたストッキングバンドです。フロントブレーキのロックに使います。

メンテナンススタンドを掛ける [UP編]
さっそく手順です。
@フロントブレーキのロック
フロントブレーキのロック
ストッキングバンドを使ってフロントブレーキを握った状態をキープします。丈夫な輪ゴムを使っている人が多いようです。ひもで縛るって方法もあると思います。

Aサイドスタンドに木っ端をはめる
サイドスタンドに木っ端をはめる
バイクを垂直近くにキープするためです。やらなくても大丈夫です。
バイクが垂直に近い状態だと、鉄棒を挿す時にメンテナンススタンドがあまり斜めにならず、鉄棒を通しやすくなります。それだけです。

B鉄棒を後輪に挿す
鉄棒を貫通する メンテナンススタンドのフック
メンテナンススタンドにあらかじめ着いているフックは外しておきます。[右写真]
そしてその穴を利用してメンテナンススタンドと後輪を鉄棒で貫通させます。

鉄棒が貫通した状態 左側の鉄棒が貫通した状態
右側から入れます。ロープを巻くところがストッパー代わりになりますね。目いっぱい差し込みます。
約60cmの鉄棒はこのくらい出っ張ります。左側に抜け防止のために万力もどき?で挟みましたが効いてません。これはいらないですね。
もっとも右に傾いても鉄棒は穴径とぴったりなので滑って抜けることはなさそうです。

Cメンテナンススタンドを掛ける
動画を置いたのでそちらを見て下さい。コツは後輪を持ち上げると同時にメンテナンススタンドを潜り込ませる感じでやると、あまり力を必要としないです。でも慣れが必要ですね。
メンテナンススタンドがかかった状態
そして持ち上げて完了です。上がってしまうと安定してます。



メンテナンススタンドを掛ける動画 [UP編]

まだ慣れてないもんで…
メンテナンススタンドを掛ける瞬間に右に傾いたら支えきれないですね(汗)
バイクの右側に立ってメンテナンススタンドを装着する動画をアップしました

メンテナンススタンドの解除の動画 [DOWN編]

左に倒れるように意識して解除して下さい。右に傾いたら(汗)

この後に大事件がぁ〜!
動画の撮影はヨメです(笑)
メンテナンススタンドを解除した状態のCB1300。撮影した動画を確認している管理人ひらに。
そして、重いねーとメンテナンススタンドを持ち上げようとするバカなヨメ… 持ち上がるわけないですよね、推定260kgが。

ガシャ〜ンッ

???

右に横たわるCB1300…
メンテナンススタンドとCB1300に手を挟まれているヨメ…
助け出すのに精一杯で倒れてるCB1300の写真撮るの忘れちゃいました。

CB1300を一人で起こし、ヨメの手を見る。腫れてる…
ここで泣き出すヨメ…

幸い骨には異常ありませんでした。右手の人差し指と中指をやってしまったので、しばらく家事はお休みとか(をぃ)

そしてCB1300の被害です…
傷ついたマフラー ガリキズのついたブレーキフールドタンク
マフラーの凹みとキズ。直らないですよね、これは…
そしてブレーキフルードタンクにガリキズ。これは黒のタッチアップペンで塗っておきました。

割れたメーターカバー 傷ついたクランクケース
メーターカバーはメッキ部分のキズ。そしてカバーを固定するボルト部分の破損です。右側の固定ボルトの周辺が割れてしまい、メーターカバーは左のボルトだけで固定しています。ヤフオクで安い出物を待つしかないようです。
そしてクランクケースのキズ。これは浅いのでタッチアップペンで塗装してサンドペーパーですか…

CB1300を守ってくれた?ブロック
このブロックの角にメーターカバーとブレーキフルードタンクが直撃しました。そのおかげでサイレンサーが無傷だったわけですが…

※注意
やっぱりコケるとタダでは済まないですね。ヨメのケガが軽かったのは幸いですが、メンテナンススタンドを掛ける時、外す時には最新の注意を払い、できるだけ男2人で作業をするようにしましょう。私は無理ですが…

それと、ページ上部の「はじめてスタンド」と形状を比較すると、このタイプのメンテナンススタンドは後ろに長いです。
メンテナンススタンド はじめてスタンド

ナンバープレートに手を挟む?
メンテナンススタンドが跳ね上がった時の位置が上写真です。ちょうどナンバープレートあたりになります。支えきれないと思ったらあきらめて手を離してしまいましょう。倒れた拍子にメンテナンススタンドが跳ね上がり、ナンバープレートあたりに手を挟んでしまいます。
≪ 10/28 (10/25) 10/23 ≫