トップページ − 日記メニュー − 2011年12月31日(土) ≪ 1/3 (12/31) 12/22 ≫
2011年12月31日(土) リターンライダー 駆け抜けた2011年
2010年12月31日。去年の大晦日は何を考えていたのかは忘れたけど、免許証の「1」が1つ増えることを予想できただろうか? そしてそれが大型自動二輪であること…

バイクは通勤の手段であり50ccの原付バイクであればなんでもいい。スクーターが故障し、義理の父からもらったスーパーカブも、はじめは少し抵抗があったけど、燃費は良いし、そこそこスピードも出る。
バイクはそれ以上でもなくそれ以下でもない。とにかくなんでもよかった。


大型自動二輪免許取得
そんなバイクに全く興味の無い生活を送っていたわけだけど、転機が訪れます。それがスーパーカブの故障。

次のバイクは何でも良かったんだけど、その時に250ccのスクーターが欲しくなったのが全ての発端。幸いにも中型自動二輪免許は持っていたし、中古ならば買えるくらいの資金もギリギリなんとかなりそうでした。

が、バイク屋を徘徊しているうちに選んだバイクは、アメリカンのスズキGZ150。中華バイクであるGZ150の値段の安さが魅力だったのを覚えています。中古の250ccクラスのスクーターよりも150ccのGZ150の方が安いんです。車体は250ccクラスで見栄えの良いアメリカン。
ギアチェンジは20年以上のブランクがあるので不安はあったのですが、即契約してしまったのです。後先何も考えずに…

そして新車のピカピカのGZ150での通勤。意味も無く走り回る休日。バイクの楽しさを知った高校生の頃のように気分は10代でした(笑)

そうなると、当時憧れていたナナハン。乗りたいですよね。
コンビニに止まってた黒のCB750。GZ150を追い越していくハーレー。大型バイクを目にするたびに乗りたい、乗りたい、乗りたい…って。

そして教習所へ通い、卒検一発合格! 当日に免許を書き換えに行ってしまいました。

CB1300購入
免許を取得してしまうと欲しくなる大型バイク。CB750が欲しかったのですが、いろいろ見ていくうちにCB1300に決めてしまいました。デカくて重いですよね、コイツは。存在感ピカイチ。まさしく大型バイクです。

毎日の通勤で乗っているのですが、CB1300で走っている気分は最高です。存在感、余りあるパワー、バックミラーに流れる景色、空気の壁を突き破るほどの加速。
CB1300の実力の半分も引き出せませんが、自分のコントロールできる範囲でも充分に五感を満足させることができます。そして誤解を生んでしまうかもしれませんが、CB1300は簡単に死ねるバイクです。そんな危険なバイクを操る緊張感。これも心地よく感じます。
いくら言葉でつづっても、やっぱり乗ったことのある人にしかわからないと思います。



さて、長々と書いてしまいましたが、2011年。大型自動二輪免許を取得。GZ150の新車購入。そしてCB1300への買い替え…
けっこう出費してしまったことも事実です。CB1300を買ってからもタイヤ交換やタンク塗装での出費。ちょっと贅沢し過ぎたというのも本音です。
一人だけの贅沢を許してくれたヨメにも感謝しています。
2012年は何もなく穏やかな年であると良いのですが…あっ、車検がありました(汗)

それでは、今年もあと数時間。泣いても笑っても2012年は始まります。
日本は今危機的な状況ではありますが、2012年はみんなが笑って良い年だったと言える1年になるように祈念しています。

≪ 1/3 (12/31) 12/22 ≫