トップページ − 日記メニュー − 2012年8月18日(土) ≪ 8/25 (8/18) 7/22 ≫
2012年8月18日(土) キュル…
ひらにのCB1300SF SC40は1998年登録の中古バイク。登録から14年という歳月を考えると調子の良いほうだと思う。エンジンは快調。そしてなにより始動が良い。セル回して、キュルルルル…、ブーンというのが一般的だと思うんだけど、ひらにのCB1300はキュルっと回るとブーンとエンジンが始動する。

そんな快調なCB1300で油断があったのかもしれない。今年11月の車検まではノートラブルでいけると思ってました。

仕事帰りのCB1300 始動トラブル
土曜日でもひらには仕事。バイク通勤なので仕事が終わってエンジン始動。いつものように一発でかかります。

途中立ち寄ったコンビニ。一旦エンジンを切り、買い物を終えてセルと回すと、キュッと音がするだけ。キュルっと回らない。何度やっても同じでエンジンがかかりません(汗)

4〜5回やっても症状は同じ。さすがにコイツはまずいと感じました。
実はここ1週間で同じようなことが何度かあり、その時は数回セルを回しているとキュルッと回りエンジンが始動していました。セルの調子が悪いのかな?と思ったりしたのですが、あと3ヶ月で車検だし、まぁそこまでは大丈夫だろうと思っていたのです。

そんな事を思い出しながら時間をおき、再度始動を試みますが症状は同じ。さすがに同様しました。



どうしたもんか? この鉄の塊 苦難の押しがけ
走り出すと軽快なCB1300もエンジンがかからなければ、ただの鉄の塊です。ガソリンは先日満タンにしたばかり。総重量は280kg程度か…

最悪は弟にTELして車で助けにきてもらおうと考えました。車のバッテリーとつないでエンジンかければいいかな、と。でもそれは最終手段なのでイザッて時のためにとっておきたいのです。身内に迷惑かけたくないですからね。

それじゃぁってことで押しがけです。昔乗ってたヤマハのXJ400では何度か経験があります。
ギアを3速に入れてCB1300を押します、押します、押します…

かかりません…
重すぎて歩くよりもちょい速のスピードしか出ません。もう少し頑張れそうですが、右側にバランスを崩した時に支えきる自信がありません。XJ400のようにはいかないようです。さて困った…

そして状況と場所をよーく考えた結果、坂道を利用することにしました。幸い少し押せばゆるやかな下り坂があります。坂の頂上まで休み休みバイクを押していくのですが、たかだか50Mの間にサイドスタンドを出して2度ほど休憩。やっぱり重いです、CB1300(汗。。
頂上のスタート地点に着いた時には汗びっしょりです。何故真夏にこんなことをしなければならないのか…

よし!あとは下り坂です。ギアはがちゃがちゃやっててわからなくなってしまいましたが、押した感じはたぶん3速です。一気にいきます。ちゅうちょして押しがけ失敗したら、またこの坂を上らなければなりません。

そして坂道半ばで見事エンジン始動!

安心してそのままサイドスタンドを出してしまいました(爆
CB1300はニュートラル以外でサイドスタンドを出すとエンジンが停止してしまうのですよ。プスンと止まるエンジン…

さすがに心が折れそうになりましたが、坂はまだ半分あります。気を取り直してもう一度! こいつを失敗したら弟を呼ぶか2りんかんのレスキューにTELするか… とにかく失敗の許されない状況です。

緊張しましたが、見事成功! たぶん会社からコンビニまで走った後だからエンジンも暖まってたからかかりやすかったのでしょう。

どこに修理に持っていこうか?
さて、今度はちゃんとギアをニュートラルに戻してサイドスタンドを出します。とりあえず一息ついて修理先を考えました。

一番考えられる原因はバッテリーの劣化です。でも、セルを回したあとでもカーナビは点きっ放しだったので、セルが悪いという可能性も捨てきれません。また、バッテリーだったとしても、充電系統にトラブルがあるのかもしれません。

2りんかんまで走ってバッテリーを積み替えるのが一番費用が安く済みそうですが、他にも原因が会った場合、再び同じ惨事を繰り返すことになります。
CB1300の押しがけはやっぱりキツイ。次回は無いほうが良いのですね。

ならばやはりホンダドリームへ持っていて電気系統をしっかり調べてもらった方が安心です。もしセルやダイナモ等にトラブルがあった場合、再び修理でかえって費用がかさむ可能性もありますから。

そして閉店前にホンダドリーム到着。手続きを済ませ、CB1300を預けてきました。

苦悩はここで終わり…、と思ったのですが、ここからがまた大変でした。
帰宅の足が無いのです。バス路線を聞いたら、家とは方向違いに行ってしまいます。仕方無くタクシーが来るのを期待しながらとぼとぼと歩き始めました。
大型自動二輪教習 秘密の練習場
途中、大型自動二輪免許取得のために教習所へ通っていた頃にGZ150で練習した道を横切りました。あれから1年以上経つんだな…

そして1時間45分後にタクシーに乗ることなくアパートに到着(泣) 7〜8km歩いたのでしょうか? 足が棒。散々な一日でした。

バイクの引き取りは1週間以上先になるそうです。もちろんタクシーで引き取りに行きます(笑)
≪ 8/25 (8/18) 7/22 ≫