トップページ − 日記メニュー − 2013年11月5日(火) ≪ 4/13 (11/5) 6/30 ≫
2013年11月5日(火) 1年点検と部品交換
朝のバイク通勤がツライ季節になりました。 寒さは人間もツライのですが、キャブレター方式のCB1300SF SC40にとってもツライようです。 暖気運転をしっかり行わないとエンジンがご機嫌斜めなので、朝10分ほど早く家を出なければなりません。たかが10分ですが、毎日の事なので大変です。

さて、1998年式の我がCB1300SF SC40。11月は1年点検です。長く付き合うためにも、しっかりと整備しておかなければなりませんよね。
走行距離は33,180Km。半年前の6ヶ月点検の時の走行距離は、32,139Kmなので、半年で約1,040Km走ったことになります。6で割って1ヶ月あたりの走行距離を計算すると、約170Kmです。少ないですね(笑)

今回の1年点検は、前から言われていたチェーンと前後のスプロケットの交換を行いました。今付いてるチェーンは、ワンランク下のバイク用で、CB300にはちょっと荷が重すぎたようです。伸び切ってしまい、めいっぱい調整して使ってました。
今回、純正のチェーンとスプロケットに交換したことで、10年程度は交換無しで済むと思っています。通勤には使いますが、ツーリング等で大幅に距離が伸びることは無いと思いますので…。

巷では3連休の前日、11月1日にホンダドリームへCB1300を預けます。バイク通勤なので代車を借りたのですが、久々に乗る原チャリバイクは怖いのなんの。スピードは出ないし、軽すぎてふらふらするしで、改めてCB1300の安定性を見直しました。原付きバイクでめいっぱいスピード出してる人が多いですが、怖くないんでしょうか?
代車の原付きバイク
3連休を挟んだこともあり、結局通勤に使ったのは火曜日の1日だけでした。

そしてその11月5日の火曜日。
仕事が終わって原チャリで帰宅したところでホンダドリームからTELがあり、点検と部品交換が終わったと連絡が入りました。家には戻らずそのままCB1300を取りにいきます。
1年点検が終わってピカピカになったCB1300
まずは見てびっくり! ピカピカです。
ここのところ、バイク磨きはサボっていたので、かなり汚れていたんです。
掃除は点検費用には含まれないと思うのですが、やはりキレイになって帰ってくるとうれしいもんです。

今回の1年点検では、チェーンと前後のスプロケットを交換してます。
スプロケット交換
チェーンもスプロケットも新品。
せっかく新品を取り付けたので、マメに掃除してあげないともったいないですね。

そしてさらに今回は、錆びたボルトやネジを数本交換しました。
錆びたボルト
こんな感じで錆びたボルトやネジが数本あり、錆び取り剤できれいにしても、数週間でまた錆びてしまいます。錆びが出る前に掃除すればいつでもキレイな状態を保てるのですが、やはり一度錆びてしまった金属はダメですね。またすぐに錆が出ます。なので思い切って交換しました。
前回の6ヶ月点検の時も何本かのボルトやネジを交換しています。登録から15年経ってるので、あちこち錆びが目立つようになりました。
気になるところを順次交換していくようにすれば、キレイなバイクに復活するはずです。

1年点検の費用は、チェーン、前後スプロケット、錆びたボルトやネジ数本の交換で49,000円でした。
CB1300を所有していなければ発生することがなかった出費なので、痛くないと言えばウソになります。
CB1300SF SC40を中古で購入してからの車検、点検、部品交換等の費用を全部足すと、なんと320,000円を超えてます。

購入してから約2年半。ざっくりですが、出費は月11,000円となります。この他に保険費用が加わるので、毎月の出費は約15,000円
大型バイクは持ってるだけでお金がかかるのは事実ですね。
もちろん新車で購入すれば、この出費はかなり抑えられますが。

そうそう、ガソリン代を忘れてました。
私のCB1300SFの燃費はリッターで7km〜8km(汗) 同じ1300ccの自動車、スズキ、シボレーMWの半分しか走らないので泣いてますよ(汗)

好きで所有してるんで、仕方の無い出費なのですが、これから中古で大型バイクを買おうとしている人の参考にはなるんじゃないかと思います。
メンテ、整備記録はコチラです

いろいろ苦労はありますが、エンジンかけて走り出すと気持ちいいんです。好きな物にお金がかかるのは仕方無いですね。
CB1300に投入した費用以上に楽しいんで続くんだと思います。
明日も寒い中、通勤で使います。ちょっとした足として使うには大きすぎるバイクですが、せっかく直したんだし、まだまだ乗り続けるつもりです。

≪ 4/13 (11/5) 6/30 ≫