トップページ − 日記メニュー − 2014年5月17日(土) ≪ 5/24 (5/17) 5/7 ≫
2014年5月17日(土) ヘルメットの比較
現在ひらに宅にヘルメットは4つ。
ヘルメット
写真には3つのヘルメットしか写ってませんが、もう1つは嫁が使ってるスヌーピーのシールをベタベタ貼った白いヘルメットがあります。
写真は左から、システムヘルメットの(OGKのバレル)、フルフェイスヘルメット、ジェットヘルメットです。

ちなみに重さは、ジェットヘルが1.2kgでフルフェイスが1.6kg、そしてOGKのシステムヘルメットが1.6kgです。

毎日の通勤には、現在はシステムヘルメットを使っていますが、少し前までの3年ほどはジェットヘルメットを使ってました。フルフェイスはツーリング用に購入しておいたのですが、ツーリングには行かない人なので(笑)、部屋の飾りとなってます。

ヘルメットの比較
毎日の通勤に使っているヘルメットはフリーサイズです。
ちなみにひらにの頭のサイズ、つまり、一番大きいところを測った長さは58cmです。一般的な帽子とかはLサイズになると思います。

で、フリーサイズのジェットヘルですが、メガネをかけたままでスポッと入ります。コンビニにもヘルメットをかぶったまま入れるので便利です。

次にフルフェイスのヘルメットですが、やはり圧迫感があるし、視界は狭いしで、できればかぶりたくないと思ってしまいます。安全性は一番なんですけどね。

そして最近お気に入りのシステムヘルメット
OGKのValer(バレル)です。サイズはゆったりサイズのXL
OGKのシステムヘルメットは結構有名で、前作のteleosV(テレオス3)の次に発売されたのがバレルです。
テレオス3は約12,000円〜。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) FF-RIII フラットブラック M(57-58cm)

新品価格
¥12,299から
(2014/5/18 00:33時点)

OGK KABUTO テレオスIII レッド レッド L(59~60cm)

新品価格
¥14,515から
(2014/5/18 00:34時点)


まだアマゾンにありますが、既に製造中止なのでいずれ在庫が無くなるでしょう。

そしてバレル。

OGK (オージーケー) VALER シャイニーレッド M(57-58cm)

新品価格
¥20,520から
(2014/5/18 00:41時点)

これも今は在庫あるようですが、時間の問題でしょうね。人気ありますから。

現在のOGKが販売するシステムヘルメットは、

オージーケーカブト(OGK KABUTO) AFFID IRON MAN アイアンマン-01 L ( 59-60cm ) AFFID IRON MAN

新品価格
¥25,332から
(2014/5/18 00:43時点)

オージーケーカブト(OGK KABUTO) AFFID (アフィード) フラットブラック L (59-60cm)

新品価格
¥16,642から
(2014/5/18 00:44時点)

オージーケーカブト(OGK KABUTO) AFFID TRAD (アフィード トラッド) ホワイトメタリック L (59-60cm)

新品価格
¥19,540から
(2014/5/18 00:48時点)

AFFID(アフィード)と言います。16,000円〜20,000円なので、今から購入するならバレルより進化したアフィードでしょうね。

システムヘルメットのレビュー
使いかってだけを言えば、やはり便利です。何と言ってもメガネをかけたままかぶることができます。ジェットヘルのように簡単にスポンとはいきませんが、メガネのフレームに力がかからないように、微妙に左右をずらしてかぶります。
ちょっと慣れが必要ですが、フルフェイスの場合はどうやってもメガネをかけたままヘルメットをかぶることはできませんから、それを考えれば全然OKです。

サイズはLでもよかったのですが、1サイズ大きいXLを選んだことで、かぶる時のストレスが軽減されます。また、頭にぴったりのLサイズよりは、余裕があるXLの方が長くかぶっていて楽ですし…。

システムヘルメットの弱点は、チンガードと呼ばれる可動するアゴ部分の強度です。説明書にも「アゴや顔を保護するものではありません」と書かれているくらいですから、フルフェイスのヘルメットに比べて安全性は格段に落ちます。
バレルの説明書
でも考えてみれば、安全性が落ちると言っても、それはフルフェイスヘルメットと比べた場合。確かにチンガードをロックする機能は華奢なので、安全性が低いことは使ってみればわかります。
が、そこを考えたらジェットヘルメットを全否定する事になってしまいます。

確かにアゴから落ちたらチンガードのロックが外れたり、チンガードが壊れたりする場合もあると思うのですが、ジェットヘルだったらアゴを直撃するわけだし、それよりは1回目の衝撃をチンガードが受けてくれるわけだから、無いよりは有った方がマシだとは思いませんか? 何より、そうそうアゴから落ちることって無いような気がします。

ちなみに、このOGKのシステムヘルメットをかぶるようになってからはジェットヘルはかぶってません。3年以上使っているので破棄しようと考えています。
かぶる、脱ぐが楽だし、サンシェードも付いてるし、格好もいいですよね。
チンガードをかぱっと開けてコンビニ入れるのは本当に便利ですよ。

安全性をひたすら追求するなら、ショウエイのシステムヘルメット、ネオテックですよね。

ショーエイ(SHOEI) NEOTEC マットブラック XL (61cm)

新品価格
¥47,550から
(2014/5/18 00:50時点)

ショーエイ(SHOEI) NEOTEC BOREALIS(ネオテックボレアリス) TC-3(YELLOW/BLACK) L (59cm)

新品価格
¥53,640から
(2014/5/18 00:51時点)

ショーエイ(SHOEI) NEOTEC ワインレッド XL (61cm)

新品価格
¥47,550から
(2014/5/18 00:53時点)

安いネオテックは47,000円からあるようなので、お金に余裕があればこちらの方がおススメだとは思います。
でもOGKのシステムヘルメットだってしっかりとした作りで人気あるし、SGマークの付いていない安い中華ヘルメットに比べたら格段に安全だと思います。
ちなみに大型バイクの場合、SGマークの無いヘルメットで事故した場合、保険金が下りないか減額されますよね? たしか…

いろいろな意味で、OGKのバレルを気に入っています。
先日、モンスターエナジーのステッカーを貼りました。マジで格好いいヘルメットになってます。

システムヘルメットは人気で、多くのメーカーが出してます。値段と相談しながら好きなメーカー、デザインのものを探してみるのもいいと思います。
システムヘルメットは一度かぶると面倒なフルフェイスには戻れません。それほど快適なヘルメットです。

≪ 5/24 (5/7) 5/7 ≫