トップページ − 波状路のコツ、攻略法
波状路
波状路のコツ、攻略法大型自動二輪免許取得の技能教習では、波状路というデコボコ道をゆっくりと走行しなければなりません。
9.5Mの長さのハシゴを地面に置いたようなイメージですが、段差は不規則です。そこを5秒以上の時間をかけて走行します。と言うか、5秒以内で走りきる方が難しいと思うのは私だけでしょうか?(笑)

この波状路を苦手とする人は意外に多く、脱輪、エンストは検定ストップとなる厳しい課題です。

私も含めて多くの人は、とりあえずバイクでスタンディングポジションを取る。つまりバイクに立つ。そしてエンストしないようにアクセルをふかし、半クラッチで真っ直ぐすすむ。もちろん半クラッチのタイミングは適当(笑)
運が良ければガタガタするだけでまっすぐ進みますが、一旦バランスを崩してしまうと脱輪を免れない。そんな運に左右される乗り方をしていると思います。

正直な意見を言えば、波状路を上手にこなす必要はないと思います。だって公道には波状路は無いですから。でも卒検では通らなければならない道ですから、「神頼み」でまっすぐ走るのではなく、多少でも安全マージンを確保しておきたいものです。

波状路のコツ まっすぐに走るために…
波状路攻略の第一歩はいかにまっすぐに走るか!だと思います。バイクがまっすぐ走ってくれさえすれば、姿勢が悪くたってクラッチワークが粗くたって波状路を抜けることができてしまいます。
どんな格好悪くても脱輪せずに5秒以上時間をかけて走れば減点はありません。ならば、とにかくまっすぐ走ることに全神経を集中させましょう。

まずは波状路のデコボコに対してまっすぐに、そして少し早めのスピードで進入します。これは基本です。そして段差に合わせてアクセルは開けるのですが、段差にタイミングを合わせるって難しいですね。だけどブォンブォンと自分のリズムでアクセルを開けることはできるはずです。

そしてさらには、前輪が弾んでしまうのを予測しておくことも大事です。前輪が段差にガツンと当たるショックはわかりると思います。ガツンの次にはハンドルが暴れると思っていると、自然に身体の準備ができので、案外予期せぬ動きに対応できてしまうものです。

遠くを見ろという攻略法が多いですが、私は目で段差を確認しているので前輪を見ています。段差の前にアクセルをふかし、勢いで段差を乗り越えます。

波状路のコツ 脱輪しそうな時
教官のお手本のように、段差に合わせて半クラッチで駆動力を与えているわけではないので、運が悪いとバランスを崩します。アクセルをふかしているのでエンストの心配はないのですが、波状路後半の脱輪の可能性があります。

波状路を進んでいくうちに、真ん中ではなく左右どちらかにズレて脱輪しそうになることがあります。

※ここから書くことはあくまで私の個人的な対処法です。
まっすぐ走り抜けたいんだけれどもまっすぐ走らないのが波状路。軌道がズレてくるのは後半1/3を残したあたりからなので、たいしたズレでなければ、そのままの勢いで抜けてしまいます。

でも、何度も波状路を練習していると、必ず前輪が暴れてしまい制御できなくなることがあるのです。もうダメだっ!と思った時だけ試してみて下さい。

バランスを崩す原因は、前輪が波状路に対してまっすぐに当たってないからです。波状路との衝突に負けてハンドルが右(左)にきれた状態で次の段差にあたり、さらにハンドルは同じ方向に向いてしまいます。勢いが死んでいればなおさらです。
そして、こんな状態の時にクラッチをつないだら、ハンドルの向いている方向へ確実に脱輪します。

暴れた時の最後の手段です。どうせ脱輪したらアウトなんです。
そんな時は一度止まってしまいましょう。もちろん完全に停止するのではなく、リアブレーキを強めに踏んでクラッチを完全に切ります。バイクの勢いが無くなった瞬間にハンドルを逆方向にこじって、同時にアクセル、クラッチ操作で強めに駆動力を与えます。すると運が良ければ立ち直ります。

前輪が段差の直前にあってはならないという条件がつくのですが、波状路は圧倒的に平らな部分の方が多いですから、バイクが転倒しかける前であれば上手くいきます。

一瞬止まった状態でハンドルを操作する腕力と、駆動を伝えるタイミングが全てです。

そしてこれは練習できます。バイクを止めた状態でハンドルを動かし、足つきせずにそのまま発進します。原付バイクでもできるので試してみて下さい。案外できてしまうものですよ。