トップページ − 一本橋対策、攻略法
一本橋攻略法
一本橋のコツ、攻略法大型自動二輪(ナナハン)で一番苦労するのが一本橋ではないでしょうか。落ちたら検定即アウトの一本橋。緊張して当然です。簡単に見本を見せている教習所の教官だって、落ちたらクビとか言われたら緊張して失敗することだってあるはずです(笑)

多くの人が苦労している証拠に、ネット上には攻略法が山ほど書かれています。さらに動画も多いですね。検定で落ちてしまう人、上手に渡っている人、そして教官の模範演技等々…

一本橋
まずは相手を知ることです。幅30cm、長さ15M。ここを大型二輪の場合には10秒以上の時間をかけて渡ればOK。たったこれだけのことが異様に難しいんですよね。

私自身も初日は落ちまくってました(汗) どうやったってフラつくし、このバイクは真っ直ぐに走らないのでは?と疑いたくなるほどでした。
そんな私でも第2段階の2時間目には、もう落ちる気がしなくなっています。タイムも15秒くらいなら頑張れそうです。ナナハンに乗ったのはまだ6回です。

何故急激に上達したのか?
苦労している方にとっては参考になると思うので、私自身のやり方を書いておきます。あくまでも私自身にとってベストの方法なので、試してみてダメだと思ったら別の方法を考えてみて下さい!

一本橋の渡り方
まずはネット上で多くの情報を集めました。
前に座る。
後ろに座る。
ステップに重心をかける。
遠くを見る。
ハンドルを小刻みに振る。
ニーグリップをしっかりと行う。
鼻歌を歌う。
肩の力を抜く。
ジグザクに走行する。
勢いよく一本橋に乗る。
ギアは1速、リアブレーキと半クラッチで進む。
おしりを浮かせる。
アクセルをふかす。


きっとまだまだあると思います。そしてこの中に不正解はありません。その記事を書いた人にとってはそれがベストな走行方法だったのです。

私はネットで調べたことを全て実践してみました。が、どれもイマイチ。
でも1速で半クラッチ、リアブレーキ。これは絶対的な基本です。

私の一本橋攻略法
[スタート]
坂道発進の要領でスタートします。
一本橋には勢いよく乗ってしまった方が良いと言う方が大半だと思いますが、勢いがつくとリアブレーキを踏んで速度調整をしなければなりません。これで失速して落ちていたのが私なんです(笑)
じゃぁゆっくり上がろうと考えたのですが、ゆっくり発進すると橋に乗る前からふらついてしまいます。
ふらつかない低速発進は何度も練習しました。上達はしましたが、実戦で使えるほどの安定感はありませんでした。

そこで考えたのが坂道発進です。ナナハンの大きなトルクはリアブレーキを踏んでいてもバイクを前に進ませてくれます。そしてびっくりするくらいふらつかないので一度試してみて下さい。

このスタートで一本橋を渡ると、橋に乗ってから早めに走り抜けても普通自動二輪(中型)の規定タイムの7秒で渡ることができます。

[橋の上]
アクセルをふかしながら半クラッチで進みます。半クラッチも完全にクラッチを切ることはしないで、半クラッチの範囲の中だけを使います
難しいですが、これをマスターすると、リアブレーキを使わなくても9秒台で渡れます。慣れてきたら、クラッチが強めにつながってしまった時だけフットブレーキで速度を調節します。すると11秒台で渡れるようになります。

[ニーグリップと視線]
ニーグリップは基本です。怠るとバランスを崩しやすくなります。膝で挟むというよりは、太ももで挟む気持ちの方が安定します。そして視点は真っ直ぐ前を見ています。視界の下の方に一本橋を感じるくらいまで上を見ています。半分過ぎた頃には一本橋を見ていません。頭は常にバイクの中心にあります。
私はシートに座る位置の前、後ろは変えてません。が、ニーグリップを意識するので、気持ち前側にずれているかもしれない程度です。

[そして]
上記をやっても落ちる人は落ちます。大切なのは自分のやり易い方法をはやく見つけることです。自分自身の一番打率の高いやり方を徹底的に練習します。

私は時間があれば練習していますし、毎日のバイク走行の中でも意識的に1速半クラッチ走行を練習しています。前の車が信号待ちで止まった時に後ろに車がなければ即ブレーキ。そして1速半クラッチでとろとろ走ります。

消火栓のライン狭い道に好んで入り、後ろに車がいないことを確認してから1速半クラッチ走行の練習もします。左写真のような消火栓の黄色いラインは一本橋の練習のためにあるんじゃないか?と思ってます(笑) 線が無くても、とにかくトロトロとゆっくり走る練習をします。ほぼ毎日やってみると2週間で上達しました。

安定してトロトロ走れるようになると30cmってこんなに広いのか?と思えるようになります。

私のやり方はあくまで私に合った走り方です。前傾姿勢でハンドル小刻みがやり易い人はそればっかりを練習して下さい。

結局は練習することが一本橋の最大の攻略法ということになるのかもしれません。ただ、この方法の難点は、50ccでもよいのでミッションバイクが必要です。バランスの練習だけならAT原付でもできます。