トップページ − 急制動対策、攻略法
急制動攻略法
急制動攻略法大型自動二輪(ナナハン)の教習で一番転倒する人が多い課題教習が急制動ではないでしょうか。時速40kmの状態で転倒するのは危険ですが、多くの場合は減速してからタイヤがロックして転倒します。止まる寸前なので大事には至りません。
自動二輪は転倒と背中合わせの乗り物なので、転倒を経験しておくのも良いことだと思います。自分のバイクでは転倒したくないですからね(笑) それに教習所のバイクはエンジンガードが付いてますから壊れませんし、女性の場合はバイクを起こすのを教官が手伝ってくれるかもしれません。

急制動を実際にやってみて感じたのは、急ブレーキではないってことです。
加速した時速40kmでブレーキポイントに突っ込んだら急ブレーキになってしまいますが、減速状態の時速40kmなら強めのブレーキングでしっかりと停止線前で止まります。

原付バイクでも時速40kmは出すことができます。パイロンが置いてある位置、つまり制動距離は11Mです。
一般道路の白線は5Mです。そして次の白線までの距離も5M。原付バイクだって自転車だって止まれるでしょ! それを高性能なブレーキのCB750Fでやるのですから止まれないわけがないのです。

急制動のやり方
[進入]
急制動の成功のカギ。全てを決めるのが進入速度です。ギアは3速です。

私はスタートして早めに3速までギアチェンジを行い、3速で時速40kmにします。2速で40kmまでひっぱって3速に入れる方法もありです。教官に聞いてみたところ、どちらの方法でも良いから自分のやり易い方法で加速して下さい、とのことでした。

そして速度メーターが時速40kmを超えたらアクセルを戻して惰性で走ります。この時にクラッチを握ってはいけません。ナナハンはすぐに40kmまで加速するので難しくはないと思いますが、もたもたしてると制動ポイントに入ってしまいます。怖がらずにさっさと時速40kmを超えるところまで加速してしまいましょう!

教習所のバイクにはお祭りランプが付いてますね。一番左の透明なランプが時速40kmになると点滅します。視界の左端でランプ点滅に注意してみるのも良いと思います。

時速40kmを超えたらアクセルを戻し、視線をブレーキングポイントへ移します。いつまでもメーターを見ていてはダメです。アクセル戻してもスピードはすぐには落ちないので大丈夫です。そのままブレーキポイントに突っ込みます。

[ブレーキング]
ブレーキをかけ始めるのはブレーキングポイントからなのですが、通過を確認してからでは遅いです。タイミングというか、見切りでブレーキングしましょう。時速40kmはたいしたスピードではないですから練習すればドンピシャでブレーキングできるようになります。

原付バイクでもこの練習はできます。走行中に前方の目標物を決めて、通過ど同時にブレーキングします。急ブレーキはかけなくていいですよ。あくまでタイミングの練習です。あっ、原付バイクは時速30kmでしたね(笑)

見切りのブレーキングができるようになれば普通に止まれます。ただ注意点があります。普段原付バイクやスクーターに乗っている人はリアブレーキの踏む強さがわかりません。前輪ブレーキだけだと止まれないし、かといってリアブレーキを強くかけすぎると後輪がロックして転倒します。
これを解消するにはリアブレーキの踏む感触を覚えるしかありません。
前輪7、後輪3とか言いますが、右足でのリアブレーキを使ったことが無い人にとってはわからないですよね。ついギューッと踏んでしまいます。
これは慣れるしかありません。外周走行の時にリアブレーキだけを踏んでみて下さい。リアブレーキだけでは止まれないですが、じわーっと減速する感じがわかると思います。ナナハンに乗ろうというのですから、ここは覚えるしかないのです。

それからブレーキング中のニーグリップはしっかりと行って下さい。後輪がロックし滑ってしまった場合でもニーグリップをしっかりしていれば転倒せずに済みます。

[停止]
クラッチレバーは停止直前に握ってクラッチを切ります。遅すぎてエンストしても急制動の場合はOKです。
私は減速中に1速に落とす癖がついてしまっているので、急制動でも止まってからすぐに発進できる体勢でした。でもこれは教官に注意されました。クラッチを切るということはエンジンブレーキを使っていないと判断されます。だから3速のままで止まりましょう!

[発進]
急制動が終わりギアを1速に入れて発進します。この時の安全確認を忘れないようにしましょう。私の教習所ではすぐに合流になるので右ウインカーを出さなければなりません。ついつい忘れがちになります。注意しましょう。

急制動の練習方法
一般道で急制動の練習はやらないで下さい。
練習方法は、大きくわけて加速。ブレーキポイントのタイミング。前後ブレーキの感覚。これだけです。

ギア付きのバイクを持っている方は加速の練習ができます。スムーズにシフトアップできるようにしておきましょう。
そして目標物を見つけてタイミングの練習をします。繰り返しますが、通過してからのブレーキングでは苦しくなるので、タイミングを合わせる練習はしておいた方が良いでしょう。

そして前後のブレーキの効き具合を覚えること。
教習所によっては、前輪ブレーキだけでの制動。リアブレーキだけでの制動の練習をやるところもあるようです。これっていいことですね。でも私の教習所では残念ながら行いません。だから自分でやるしかないのです。なお前輪をロックさせると確実に転倒しますので注意して下さい。

急制動は難しい課題教習ではありません。原付バイクだって楽に時速40kmは出てしまうのです。大型免許を取得しようという人が時速40kmを怖がっていたのでは話になりませんね。教習で急制動を怖がっている人でも原付バイクで普通に時速40km、50kmで走っているはずです。
教習所では完全防備のプロテクターを装着しています。どんどんコケちゃいましょう(←冗談です)