トップページ − Broadzone 迷わん BZN-200とBZN-500 EvoUを比較
Broadzone 迷わん BZN-200とBZN-500 EvoUを比較
自動車のナビは当たり前の昨今。バイクにもナビがあるとやっぱり便利。
管理人ひらにのCB1300にもナビを取り付けています。BroadzoneのBZN-200という1世代前のナビですが、こんなナビでも有ると無いとでは大違い。この先、右へ曲がるのか左へ曲がるのかが事前にわかるだけでも安全走行に役立ちます。

バイクでナビを使用する場合には、信号待ちや停止してルートを確認するようにしましょう。運転中のナビ凝視は危険です。また、ナビはメーターやウインカー表示の邪魔にならない箇所に取り付けましょう!

今回、同じBroadzoneの迷わん BZN-500 EvoUを購入したので、BZN-200とBZN-500を比較してみました。
BZN-200とBZN-500
上図はメインメニュー画面です。上の3.5インチ画面がBZN-200で下の4.5インチ画面がBZN-500です。画面の大きさが異なるので、ぱっと見はBZN-500が大きく見えますが、外形寸法の縦横はほぼ同じです。ただBZN-500の方が薄くて軽いです。
スペック比較 BZN-200 BZN-500
音楽や動画再生、ゲームと言ったナビとは直接関係ない情報は省いています。
幅×高さ×奥行き 133.8x78.8x28.75 mm 118x80.4x16.9 mm
重量 205g 184g
画面サイズ 3.5型 4.5型
GPS 内蔵(可倒式) 内蔵(可倒式)
電圧 DC12V DC5V
機能 ウインカー
昼、夜、オート選択可能
ワンセグ(本体にロッドアンテナ収納)
地図の3D表示
昼、夜、オート選択可能
リルート する・しない選択可能 する・しない選択可能
スタイラスペン 本体に収納 無し
地図 ゼンリン全国地図2006年度版 IPC全国地図2007年下期版
地図尺度 25m、50m、100m、250m、500m  10m、25m、市街地、50m、100m、200m、500m、1km、2.5km、5km、10km、25km、100km、250km
SDカード 512MB 2GB
ファイル構成
(太字はフォルダ)
意味ないですね
Mayowan
 Mapdata
   Back.Dat
   Path.dat

 Pois
   addr_a.dat
   addr_b.dat
   addr_c.dat
   addr_p.dat
   addr_t.dat
   pois_d.dat
   pois_d.idx
   pois_g.dat
   pois_o.dat
   pois_s.dat
   Userdata
   Home.POI
   LastPos.DAT
   Mayowan.cfg
   Recent.POI
   Registered.PO
I
 Userdata
   Home.POI
   LastPos.DAT
   Mayowan.cfg
   Recent.POI
   Registered.POI

Mayowan.exe
Navi.exe
image(空)
movie(空)
music(空)
Navi
 Data
  base_line.mzz
  base_point.mzz
  base_poly.mzz
  Board.dat
  BRAND_CAT.tdb2
  brand_point1.mzz
  brand_point2.mzz
  city_line1.mzz
  city_line2.mzz
  city_line3.mzz
  city_line4.mzz
  city_line5.mzz
  city_point1.mzz
  city_point2.mzz
  city_point3.mzz
  city_point4.mzz
  city_point5.mzz
  city_poly1.mzz
  city_poly2.mzz
  city_poly3.mzz
  city_poly4.mzz
  city_poly5.mzz
  HighwayRunData.dat
  Illust.dat
  illustration.res
  LaneGuide.dat
  LEVELS.str2
  LEVELS.tdb2
  LV2.tdb2
  map.fon
  mid_line0.mzz
  mid_line1.mzz
  mid_point.mzz
  mid_poly.mzz
  MidwayRunData.dat
  navi.mz2
  oneway.mzz
  orbis.orb
  PathServiceMap.dat
  phone.str2
  phone.tdb2
  PNTGOU.tdb2
  POI.str2
  POI.tdb2
  POI_CAT.tdb2
  POI_TREE.tdb2
  POI_XY.tdb2
  prefecture.mzb
  start.wav
  station.str2
  station.tdb2
  station_tree.tdb2
  top_line.mzz
  top_point.mzz
  top_poly.mzz

 Form
  Bitmap.res
  Resource.frm
  Sound.res
  Splash.bmp

 User
  IPlist(空)
  FavList.txt
  RecentList.txt
 JNavi.adb
 Navi.exe
text(空)


地図表示
地図表示です。尺度の設定は、BZN-200は右の+−ボタン、BZN-500は画面内左の+−画像で行います。
ちなみに画面はBZN-200、BZN-500ともに夜モードです。昼モードはどちらも白背景になります。

設定画面
設定画面は似ています。

ルート検索
ルート検索の時間はほぼ同じでした。

ルート案内 世界地図
ルート案内です。尺度を同じにしないと比較できないですよね、スイマセン。右写真はBZN-500の250kmスケールです。こんなの使う人居ませんよね。

厚み比較 GPSアンテナ
厚みを比較してみます。BZN-500は胸ポケットに入る薄さです。GPSアンテナも小さいです。



使ってみた感想
どちらもGPSの受信感度が良く、メモリナビらしくキビキビ動きます。日中の視認性は悪いですが、背景が黒の常時夜間モードにすると見やすくなります。フード等を工夫している人も多いですね。
BZN-200のウインカー機能はすばらしい発想だと思いますが、残念ながら日中では全く見えません。が、夜になるとキレイに青く光ります。かなり手前から光りだすのが気になるといえば気になりますが(どっちだ?)

BZN-500で不便なのが電源スイッチが無いこと、それと付属のシガーケーブルを利用しなければならないことです。BZN-200はDC12Vなのでバッテリー直結も可能ですが、BZN-500はDC5V駆動です。注意が必要ですね。BZN-500はシガープラグで変圧(12V→5V)しています。

BZN-200は住所検索で○○市○○町○○番地○○号の○○号まで指定できません。検索できるのは○○番地までです。しかし目的地を決定する前に十字カーソルを移動してピンポイントで目的地を設定すれば完璧な案内が可能です。BZN-200をBZN-500と同等に近い状態にしたい場合には、BZN-252、またはBZN-281というバージョンアップSDカード(2GB)を購入する必要があります
地図はどちらも最新とは言えませんが、管理人ひらにの場合、車で使っているDVDナビの地図はもっと古いんです(笑) それに比べれば…

それと大切な事です。BZN-200、BZN-500のどちらにも共通することなのですが、防水機能がありません。バイクでの使用の場合、雨の日にはビニールを被せるか外してしまうしかないのです。常時使いたい場合には防水ケースが必要です。

10万円もする高性能ナビに比べれば劣りますが、BZN-200、BZN-500ともにナビとしての機能は十分かと思います。進むべき方向と自分がいる位置がわかれば十分という人にとってはポータブルナビの安さは魅力です。
自動車に設置しても十分に使えると思いますし、実際に自動車で使っている人も多いようです。

現在、発売元のBroadzoneは倒産してしまい、修理やバージョンアップは不可能です。でも玉数が豊富なようで、ネット販売やヤフオク等で安く手に入れることができます。