トップページ − コース走行 直進、右折、左折
コース走行 直進、右折、左折
外周走行 直進、右折、左折自動二輪の走行位置はキープレフトが基本です。
左側を走るのではなく左寄りを走ります。でもこれだと漠然としていて分かりづらいですね。

教習所内では教官の後ろについて走ることが多いと思います。その時の走行位置を覚えてしまうのがベストです。必ずキープレフトで走行しているはずです。

卒業検定等で一人で走らなければならない場合、キープレフトを常に意識して走行しましょう。

キープレフト 交差点の直進、右折、左折
自動二輪の基本的な走行位置、つまりキープレフトの走行は、道路の左端から1Mです。次の交差点で左折したい場合は、ウインカーを出して後方確認して、端から50cmに寄ります。右折の場合も、右にウインカーを出して後方確認、そして右車線へ入ります。位置はセンターラインから50cmが目安です。


右左折後は再びキープレフトで走行します。もし左折してすぐに右折なら左折する時に右折ラインに入ってしまいます。キープレフトを守って左寄りで走るのではなく、曲がった先は右折車線にいきます。次の右折まで50M程度ある場合には、一度キープレフトで走行してから右合図、後方確認、車線変更を行います。
間違っても曲がったところから斜めに走ってはいけません。斜行とみなされ減点されます。

右左折が連続して判断に迷う時には教官に聞いてしまいましょう。

状況に応じた走行
走行の基本はキープレフト。右左折の走行ラインは上で説明した通りです。でもこれはあくまでバイク1台で走ってると過程してのことです。交通状況は刻々と変化します。教習所内だってバイクも走れば車も走っています。

曲がった先に車が停車していたら、一旦止まって待ちましょう。追い越しなどは厳禁です。ルールはあくまで基本です。安全第一を考えて走行しましょう。