トップページ − 外周走行対策、攻略法
外周走行攻略法
外周走行のコツ、攻略法大型自動二輪での外周走行。ナナハンに慣れるための基本としてぐるぐる回ります。教習開始のウォーミングアップも外周走行ですね。

普通に走れれば問題無いと思われがちですが、意外に落とし穴があります。つまらない減点を防ぐためにも外周走行だからと気を抜かず、しっかりと走行しましょう。

外周走行で注意すべき点は、走行位置、ブレーキ、そして右左折のウインカーを出すタイミング、進路変更のタイミング、障害物、踏み切り、見通しの悪い交差点です。

外周走行 スピードとブレーキング
外周走行は2速または3速で走ります。走行位置はキープレフトで左側を走りますが、白線ぎりぎりではなく、余裕をもった位置を走行します。

直線では加速。そしてコーナー手前ではポンピングブレーキで減速します。とろとろ走る教習車(四輪)の後ろについてしまいスピードが出ていない場合、コーナーを減速せずにそのまま通過できてしまう場合があります。そんな時でもポンピングブレーキを使いましょう。ブレーキを効かさなくてもいいんです。ブレーキランプが光るのを教官に見せるのが目的ですから…

そして時速40km指定箇所ではしっかりと加速します。もちろん前方に車が無くて安全な場合だけです。

外周走行と言えどもメリハリのある走行を心がけましょう。

障害物
障害物を避けるための進路変更の合図、つまり右ウインカーを出す位置は教官が教えてくれるはずです。覚えておきましょう。

右ウインカーを出してから、カチカチカチと5回数えたら後方確認を行います。バックミラーだけでは当然ダメです。そして安全を確認できたら進路変更を行います。

そのまま障害物を通過するのですが、障害物直前で左ウインカーを出しましょう。そしてまたカチカチカチと5回。後方確認→左へ進路変更となります。

カチカチカチと数えているうちに障害物まで走ってしまう場合には、ウインカーを出すのが遅すぎます。ウインカーを出すと同時に後方確認→進路変更はダメです。30M前とか3秒とかの時間の規定はありますが、これから進路変更をするぞ!と周りに意思表示をしてから後方確認をするということを覚えておいて下さい。そして安全を確認できたら進路変更です。
 
右左折と進路変更
基本は障害物と同じです。走るコースが決まっているのだから、ウインカーは早めに出しておきましょう。30M手前からということですが、それより少し前から出してしまいましょう。

センターラインの白線の長さが5M。間隔も5Mです。このワンセットで10M。だから30Mっていうのはかなり前からということが理解できると思います。

右折してすぐに右折の場合には、右ウインカーを出したまま最初の右折で車線の右側に入りましょう。

見通しの悪い交差点
車が来ないことがわかっていても徐行運転を行います。ギアは1速。停止してもかまいません。左から来る車両が優先は問題無いのですが、右から車が来てしまった場合は行ってよいものかの判断が難しいものです。

迷ったら一旦止まりましょう。ここは安全が第一に優先されます。

踏み切り、安全確認
踏み切りでの安全確認。その場合はしっかりと右、左とも確認しましょう。踏み切りは1速のままギアチェンジを行わずに通過します。

注意が必要なのは走っている途中での安全確認です。何度もキョロキョロしているとわき見運転とみなされます。ウインカーを出してカチカチカチ5回で素早く、しかも確実に(教官にわかるように)後方確認を行いましょう!