トップページ − サビ落としメニュー − マニキュアで塗装してみる
マニキュアで塗装してみる
メーターカバーの固定ネジのサビ落としということでキレイに磨いたばかりのネジにサビが発生してしまいました。
メーターカバーの固定ネジのサビ落としのページはこちら
サビてしまったボルト
ポリッシュワックスを塗っておいたのですが雨1回でこれです…
やはり研磨後には塗装というのが基本なのでしょうが、バイク屋で売っている塗装用のペイントは高いですよね。できれば身近にあるもので代用したい。
で思いついたのがコレ!
マニキュア
女の子が爪に塗るマニキュアです。透明クリアと黒を100均で購入しました。失敗しても200円の損害で済みます。
もっとも水溶性じゃないからソコソコの効果は期待できるんじゃないかと思っています。

マニキュアを塗ったネジ
サビ取りを行いマニキュアを塗りました。
思ってた以上に粘度が高く、表面がぼこぼこになってしまいました。固まってからサンドペーパーで磨いたのですが、これは失敗。
ただ、ネジ穴の中にもしっかりとマニキュアを塗ってあります。ここは塗ったままなのでサビ止め効果があるかもしれません。数日後には結果がわかるはずです。

フレームに黒いマニキュアを塗る
そして黒いマニキュアはフレームに使いました。4cm×5mmのサビがフレームにあり、サビを除去したら銀色の地肌が露出してしまいました。このままではまたサビます。そこで黒いマニキュアを重ね塗りし、透明クリアで仕上げ塗りを行いました。高温になる場所ではないので大丈夫でしょう。

艶が違うので見た目で違和感がありますが、バイクのフレームなので身立ちません。写真の箇所もハンドルのすぐ下で、コード類が塗り痕を隠してしまいます。

問題は接着力。でもベロっと剥がれてくれるなら、また別の方法を考えれば良いだけのこと。
効果が持続するようであれば、メタリックやパール、さらには白や赤といった色を揃えて適所に使おうと思っています。1つ100円です。安い買い物ですよね。



今乗っているCB1300は13年落ちの中古です。だからサビを落とした後の塗装も、そこそこ長持ちしてくれれば満足なんです。あと車検を2回通すか…。どう考えても3回目の車検は無いような気がします。だから永続的な塗装でなくても良いのです。

実は管理人ひらには印刷関係の仕事に従事しています。職場には熱蒸発型のインキやUV硬化型のインキ、その他多くの種類のインキがあります。もちろん色も豊富です。
塗装業ではないので塗装に関しては素人ですが、いろいろなテストは出来ると思います。今後に期待して下さい(笑)