トップページ − サビ落としメニュー − メーターカバー固定ネジのサビ落とし
CB1300のメーターカバーの固定ネジのサビ落とし
CB1300SF(SC40)のメーターカバーを正面から固定している2つのボルトがあります。
メーターカバーの固定ボルト
写真では分かりづらいですが、左側のネジの頭はそこそこキレイなのですが、右側はかなりサビと腐食が進んでいます。バイクに乗るたびに見えてしまう部分なので気になって仕方ありません。簡単に外せる場所なので、さっそくキレイにしてみましょう!

メーターカバー固定ネジを外した
六角レンチで簡単に外れます。ピンボケしてますが、赤サビと白い腐食で汚れています。

サンドペーパーで磨く
サンドペーパーで腐食とサビを取りました。ネジ穴の中もキレイになりました。

マグ&アルミポリッシュで磨く  さらにマグ&アルミポリッシュで磨きました。マザーズのマグ&アルミポリッシュは何でも磨けてしまうので便利です。やはり1つは常備しておきたいものですね。

バフ 白棒と青棒 バフで研磨
仕上げはバフ研磨です。フェルトに白棒をつけて研磨。最終仕上げは青棒で磨きました。ピカピカです。サビ止めとしてMOTOWNのポリッシュワックスを塗っておきました。


そしてネジを元に戻すわけですが、固定するネジを外してある状態のメーターカバーは動きます。きわ部分の掃除を行い、ワックスの拭き残し等をキレイに除去します。
メーターカバーの際部分の掃除
そしてワッシャーをかまし、ネジを戻して終了です。
ネジを戻して完成
表面を削ってしまったので新たなサビの発生が心配です。ポリッシュだけでは心もとないですね。簡単に外せる部分なので錆びたら磨けはよいのですが…

CB1300の別な箇所で透明クリアや黒、メタリック色の塗装を行います。
印刷会社に勤務しているので、熱乾燥型やUV硬化型の透明クリアやその他のカラー色も手に入れることは可能なのですが、ヨメさんの使っているマニキュアを使うことを考えています。100均で売っているマニキュアなら誰でも手に入れることができます。結果は別ページで公開します。お楽しみに!