トップページ − サビ落としメニュー − CB1300SF(SC40)のホーンの塗装
失敗編? CB1300SF(SC40)のホーンの塗装
CB1300SF(SC40)には地味なホーンが2つ付いてます。このホーンの塗装剥げが購入当初から気になってました。地味で目立たないホーンなのですが、知ってしまうと気になって仕方ありません。
錆びて塗装が剥げたホーン

そこで元の茶色がかった塗装を剥がして磨いてしまったのです。
コンパウンドとマグ&アルミポリッシュ 塗装を剥がして磨き
磨いた直後はキレイです。

CB1300に装着
CB1300に取り付けました。ピカピカです!
ここでやめておけば良かったのですが…

時間が経つと白サビが出てきました。
ここでもよく考えてクリアー噴くだけにしておけばよかったんですよね。何を考えたか、キャンディレッドの塗料を購入してしまいました。

ホーンにマスキングをしたところ
そしてホーンにマスキングをします。

赤くなったホーン
キャンディレッドを拭きつけ、乾いたところでクリアーを噴いておきました。

マスキングの境はギザギザしてますが、キャンディレッドの発色はキレイです。半透明なので下地のキラキラが見えます。



赤いホーンをCB1300に取り付ける
ホーンは赤くキラキラしてキレイなのですが、CB1300に取り付けるとこんな感じです。う〜ん、イマイチです…

全体が赤いホーンを付けているCB1300を見たことがあるのですが、もっと似合ってました。縁取りが赤で中が黒っていうのがマズイのか? なんか格好悪くなってしまいました。