トップページ − 安全走行に必要な装備
安全走行に必要な装備
教習所での大型二輪教習で貴重な転倒体験をしたわけですが、実際に大型自動二輪免許証を手にし、さぁ大型バイクを購入しよう! そしてこれからこの大型バイクに毎日乗れる!となった時、事故や転倒した時に身を守る安全装備について考えるようになりました。

原付バイクに乗っていた時も含めて、安全装備のことなど全く考えたことなどありませんでした。教習所での転倒体験、そしてプロテクター装着の体験はけっして無駄ではなかったと思っています。

そしてどんな安全装備が良いのかをネット上で調べてみると、多くの事故体験や転倒体験があり、死亡とまではいかなくとも半身不随やかなりの大怪我をした人がいることを知りました。あらためてバイクは危険な乗り物であり、自分が安全運転をしていても、もらい事故の可能性もあるし、路面のちょっとしたアクシデントで転倒してしまうこともあることを知りました。

さらにタンデムする可能性のある人は、本人だけでなく後ろに乗る人にも安全装備が必要です。

プロテクター(上半身)
まずはウエアとして装着するプロテクターから考えてみます。
教習所では胸、背中、肩、ひじにプロテクターを装着します。転倒事故で多いケガは鎖骨骨折です。そしてアスファルトの上を滑っていくためにひじが大根おろし状態になってしまった人が多いようです。
背中には脊髄があり、脊髄損傷は半身不随となります。胸は心臓を含む内蔵を守るために必要です。

いくつかの市販されているプロテクタージャケットを試着してみましたが、1万円以下で買えるジャケットはソフトなパットが装着されており、立ちゴケなら効果がありそうですが、走行中の転倒では効果を期待できそうなウエアはありませんでした。多少値段が高くても、しっかりとしたパットが入っているものを選びましょう。

夏場に長袖のウエアを着るのには抵抗があります。そんな方にはパット部分以外がメッシュ状になったウエアも販売されています。しかし、かなりキツメで身体にフィットするものでないと、アスファルトの上を滑っていくうちにパットがずれてしまいそうです。

私が考えるベストな選択は、ジャケットまたはベストは肩とひじがしっかりしたものを選び、胸と背中はエアバッグで守るという方法です。

プロテクター(下半身)
下半身では、膝の損傷とバイクに足を挟まれることによる足の怪我が多いようです。

膝パットのついているパンツ、そしてバイク用のくるぶしまで保護されているブーツを履くことが安全です。でん部や腰にパットが入っているパンツもありお勧めです。

上半身、下半身の全てを守るという意味では、ライディング用の皮ツナギの着用がベストな選択ですが、さすがに街中をツナギで走るには抵抗がありますし、通勤等でバイクに乗るのにツナギを着るのは大変です。さらに夏場にツナギは無理がありますね。

エアバッグ
バイク用のエアバッグが市販されています。バイクから身体が離れると0.25秒または0.5秒でエアバッグが作動し、脊髄やクビを守ります。

ジャケットタイプやベストタイプがあり、最近ではデザインの良いエアバッグも売っています。一度エアバッグが作動してしまうと、CO2ボンベを交換しなければなりませんが、自分で交換できますし、ボンベも1本1000円程度で手に入ります。

エアバッグジャケットは2万5千円〜4万円と高価ですが、質の良いプロテクタージャケットを購入しようとすると似たような値段になるので、エアバッグジャケットの購入も検討してみましょう。
   
ちょっと高いですがプロテクターよりもはるかに安全です。万が一がおきて脊髄損傷で車椅子…なんてことになってからでは遅いのです。

エンジンガード
教習所でお世話になった教習用のバイクには前と後ろに大きなエンジンガードが付いています。転倒した時にエンジンを保護するために付けられているのですが、この大きなエンジンガードのおかげでバイクが完全に横倒しになることがありません。言い換えれば、エンジンガードのおかげでバイクに挟まれることがないのです。
教習所内での転倒でケガが少ないのは、このエンジンガードの恩恵が大きいと思っています。

しかし、このエンジンガードは市販されていません。各メーカーが教習車用ということで製造されているようです。さらにアメリカンタイプのバイクならば違和感はありませんが、ネイキッドタイプのバイクにこのエンジンガードを付けて街中を走るのには抵抗があります。

市販バイク用のエンジンガードはパイプタイプとスキンパッドといった出っ張っただけの製品があります。しかしバイクのエンジンの破損には効果がありますが、転倒時に足がバイクに挟まれることを防ぐほどの効果はありません。

管理人ひらにの安全装備
どれだけ強固な安全装備をしても、やはりバイクは危険な乗り物です。しかし全くの無防備ではいかにも危険すぎます。転倒する気などさらさら無いのですが、こればっかりはわかりませんからね。
でも全ての装備を購入するにはお金がかかります。重要な部分から少しずつ購入していくつもりです。

基本的にはベストエアバッグを購入します。(2011年6月購入済み)
プロテクタージャケットの上にエアバッグベストを着ることで上半身を守ります。ベストタイプにしたのは、夏場でも冬場でも使えるからです。

さらには通勤でバイクに乗っているので、常に雨合羽の入ったリュックを背負っています。これに発泡スチロールでパットを作り入れています。
細かいことは日記ページでおって書いていきます。

安全走行
ネイキッドバイクなので時速100kmも出すと風の抵抗がかなり強くなります。通勤利用がメインなので、走行は法定速度を守り、さらに車間距離を取ります。

大型バイクなので無理なすり抜けはせず、原付バイクに抜かれても気にしません(笑) 安全走行が身を守るために一番大切だと思っています。

その他
どんなに安全走行を心がけ、安全装備を万全にしても事故は防ぎきれるものではありません。管理人は幸いにして事故経験は四輪も含めてありませんが、万が一への備えは必要です。
バイクを購入する時に自賠責への加入を義務付けられますが、この自賠責保険は相手への賠償だけに保険金が支払われます。自分やタンデム搭乗者への保険ではありません。そういった意味でも任意保険への加入は必須と考えます。

バイクや装備にお金をかけるよりも、まずは任意保険を見直してみましょう。
万が一の事故の時、他人には絶対に迷惑をかけないように準備しておくことも大切だと思います。