トップページ − 大型自動二輪 坂道発進のコツ
大型自動二輪 坂道発進
坂道発進のコツ、攻略法大型自動二輪教習の中で難易度の一番低い、つまり簡単な技能課題が坂道発進ではないでしょうか?
トルクのあるナナハンでの坂道発進。それ自体は簡単でも別の苦労があるのかもしれません。そう、足のつかない小柄な方はきびしいのかもしれませんね。リアブレーキを踏んでいるとはいえ、ナナハンは重いですから…

坂道発進のコツ
坂道発進では、バイクが後退するのを防ぐためにリアブレーキを踏んでいます。
アクセルの回転数を上げ、クラッチを静かにつなぎます。ナナハンは力があるので、リアブレーキを踏んだ状態でも前に進んでしまいます。そこでリアブレーキを開放すれば良いのです。

クラッチ操作が苦手な人はイメージトレーニングです。
@右手でアクセルを少し回します。
A左手をぎゅっと握った状態から半分開きます。
Bそこからゆっくり1cm開いて動きを止めます。
C右手のアクセルをさらに開けます。
D左手を開放します。

大事なのはBです。左手を開いてゆく、つまりクラッチ操作の途中で一旦止めるということを覚えてしまえば坂道発進は楽にできるようになると思います。

どおしてもダメな人は、開き直ってゆっくりと発進しましょう。
やり方は、まずタコメーターでエンジンの回転数を見て下さい。そしてアクセルを3000回転で固定します。目はずっと回転数だけを見ていて下さい。
そして左手をゆっくりと徐々に開いていきます。この時に教官の視線なんかは気にしないで下さい。クラッチがなかなかつながらなくても構わないですから、とにかくゆっくりと左手を開いていきます。
目はまだ回転数を見ていて下さいね。3000回転キープです。少しすると回転数がぐっと下がり、バイクがぐぐぐぐっと動き出します。
ここでも我慢です。もう少しだけ左手を開けば半クラッチの状態になります。下がってしまった回転数を3000まで上げて下さい。
すると、バイクはリアブレーキを踏んでいても前に進みだします。アクセルを回したままゆっくりと左手を開けばバイクは前に走り出します。ここでリアブレーキを開放すれば坂道発進の成功です!

もっとも坂道発進ができない人は、もっとシビアな半クラッチが要求される一本橋やクランクが苦手なはずです。頑張って練習しましょう。

でも、足が付かない小柄な人はどうしたら良いのでしょう? リアブレーキ踏んじゃうと左足が地面に届かないとか… そういう人は大型自動二輪をあきらめるしかないのでしょうか?
教習所によってはシートが低いナナハンを用意しているところもあるそうです。小柄な方は教習所へ入所する前に確認しておいた方が賢明でしょう。