トップページ − スラローム対策、攻略法
スラローム攻略法
スラロームのコツ、攻略法大型自動二輪教習(普通二輪含む)で一番楽しいのがスラロームコース。ナナハンに乗ってることを体感できるし、上手にすり抜けた時の爽快感は何物にも変えられないと思います。

スラロームは2速のアクセルワークのみで走りぬけます。速度が出すぎてしまった時にはリアブレーキを使いますが、アクセルを開けるタイミングを覚えてしまえばリアブレーキを使わない方が速いタイムが出ます。

身体を倒さないでバイクだけ倒す。つまりリーンアウトというコーナーリング姿勢です。バイクと身体が「く」の字になるような感じです。

始めはゆっくりな速度でアクセルのタイミングを覚えます。そしてバイクを倒している状態でアクセルを開けるとバイクが起き上がるってことを身体が覚えてくると、あっという間に上手になります。そしてかなりなバンク角でも怖くなくなってくるから不思議です。ナナハンの場合、ブォンとアクセルを開けると、スッと気持ちよくバイクが立ち上がります。これは練習で体得できます。私がそうでしたから…

でもこの感覚がわからないうちは無理にバイクを倒すのはヤメで下さい。大型の場合は7秒でスラロームを抜ければいいんです。無理せずにパイロンに接触しないことを心がけましょう。

スラローム対策
アクセルワークでバンクしたバイクが起きる感覚がわかった場合のみ、これから説明することを試してみて下さい。
スラロームの進入からアウトまでギアは2速です。私はかなり加速して突っ込みます。

まず1つ目もパイロンを回り込むようなコースから入ります。普通に考えると青線のように浅い角度から入った方が良いと思っていたのですが、1つ目のパイロンもぐるっと回ってしまった方がタイミングが取り易いように思います。このあたりは好みの問題かもしれません。
バイクを倒してパイロンを回れない人は青線で進入します。1/4円でも回る距離が少なくなるので安全策です。

パイロンの回る位置
上図は理解しやすいように、極端にパイロン側を通るように書いてしまいました。ゆっくりとパイロンを回る場合には、当然パイロンとパイロンの真ん中を狙うのが安全なのですが、スピードが出せるようになってくると、図のようなコースを狙った方が良いと思います。
次のパイロンまでの距離が稼げるのはもちろんですが、もしオーバースピードで次のパイロンが危なくなった時には大回りすることでコースの修正ができます。もしパイロンとパイロンの中間を回ってオーバースピードになってしまった場合、次のパイロンを強引に小回りしなければなりません。
どっちが簡単に処理できるかと言えば、当然前者です。
リアブレーキ踏んで速度を落とし、パイロンを窮屈に回ったのでは、タイミングもズレてしまいますし、なによりタイムをロスします。

そしてアクセル開けて次のパイロンの手前を通る時には、次のパイロン、または行くべきコースに視点を移しましょう。これから回るパイロンは視界の端の方に映っている程度で十分です。

練習方法 ※安全な場所で行って下さい。
バイクを止めた状態で左足を接地し、ハンドルを左にきって少しバイクを倒した状態でアクセルを半クラッチでゆっくりとつないでみて下さい。バイクが起き上がるのがわかると思います。

それがわかったらギアを2速に入れ、低速でくるくる回ります。なるべく小さい円で回って下さい。その時に速度が落ちてバイクが内側に倒れ込みそうになることがあるはずです。その瞬間にアクセルを少し開けてみて下さい。バイクは倒れることなく体勢が戻るはずです。

この感覚がつかめればスラロームは6秒台は確実に出ます。
もっと頑張って5秒台を出すのは教習中だけで十分です。スラロームは7秒で抜ければいいのですから、卒検ではリスクの少ない6秒後半を狙いパイロン接触を回避しましょう。
ゆっくり走ってるつもりでも、全てのパイロンの周回でアクセルを使えていれば6秒台で走れています。