トップページ − 適正診断
適正診断
大型自動二輪免許に限らず、運転免許を取得する場合には「適正診断テスト」を受けなければなりません。
同じ記号を選んだり、ひたすらAという文字を記入したり…。そして心理テストのような問題もありました。時間制限で行う問題と全てに答えを記入しなければならない問題があります。
時間内での判断力や決断力、そして運転に対する心理適正がテストされるといったところでしょうか。難しい問題はありませんので気楽に受けましょう!

「運転適正度」と「安全運転度」が総合評価されます。ちなみに私は4Bでした。

準備するもの
なにもありません。筆記用具も教習所側で準備したものを使用します。

結果
運転適正と性格診断は1〜5とA〜Eの共に5段階で評価されます。適正診断の結果が2E以下だと再テストを受けなければならないと言われました。
しかしこのテストの結果で免許が取れないということはありません。